CONTACT

COLUMN

vol.537「商品開発のススメ」

原 正夫(プロダクトデザイン3Lab.)

日経平均株価が着実に上昇し、企業業績も好調な状況が続いています。これにより、30年以上も続いたデフレが終息の兆しを見せています。経済の活況が広がり、ビジネスチャンスが増えつつあるなかで、今回は真剣にお仕事に焦点を当てたコラムをお届けしたいと思います。 「商品開発のススメ」の1ページ目に関する意見を述べます。 私は40年以上にわたり商品開発業務に従事してきました。その長い経験から考えると …

vol.536「ブロッコリーがすごい」

真柄 学(業務課)

2024年も早いもので2月に入りました。年末年始からの暴飲暴食が続き、腸内環境が気になる今日この頃。薬に頼らずに、日々口にする食品を通じて腸内環境が改善されるなら、それは良いことですよね。その食品にピッタリな、最近地位が向上した野菜、ご存知ですか? それはブロッコリーです。 ブロッコリーは2026年度より、国が位置づける「指定野菜」に15番目の野菜として加わることになりました。この「指 …

vol.535「最新のオフィスデザイン」

松山 隆典(ウェブ課)

徐々にコロナ禍が収束する中で、リモートワークからオフィスワークになっている企業が再び主流になっています。 コロナ禍以前のオフィスといえば、オープンプランでフリーアドレスにするのがトレンドでしたが、最近では従業員がパーティションで仕切られたスペースを好む傾向が強まっているようです。 これは、長期間自宅で仕事をしていた人がオフィスにおいても静かで集中しやすい環境を求めるようになったためと考 …

vol.534「辰年に龍神様の神社へ詣でる」

山際 直子(デザイン部)

新年になり、初詣などで神社へお参りに行ったという方は多いと思います。 私は新潟市にある白山神社へ毎年初詣に行っています。その際、いつも何かしらのおみくじを引いてみるのですが、今年は辰年ということで、龍を模った陶器の中に入ったおみくじが並んでいるのが目に入り、それを引いてみました。 驚いたことに、何年も通っていながら気づかなかったのですが、白山神社の境内には黄龍神社と呼ばれる、龍を祀った …

vol.533「2024年は新紙幣が発行されます」

近藤 武弘(デザイン部)

2024年は、能登半島地震や航空機事故など、胸を締め付けられるような出来事が続き、心が痛む幕開けとなりました。改めて、犠牲になられた方々に謹んで、お悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。 そんな2024年なのですが、明るい話題として7月に新紙幣発行、パリ五輪開催などがあります。 この新紙幣発行は、なんと2004年以来のことで、そのデザインには一流の功績を …

vol.532「雪の山」

山田 芹香(スタジオ誠晃舎)

1月も半ばに差し掛かり、1年で最も寒いとされる『大寒』に向けて、冷たさが一層厳しくなってきました。暖冬と噂され、今年の雪は少ないだろうと高を括っておりましたが、新潟市内では珍しく道路を覆うほどの雪が積もりました。昨季も何度か大雪に見舞われ、通勤にも苦労したことが思い出されます。 しかしながら、冬の訪れは厳しい一方で、私にとっては憂鬱なだけでなく、特別な楽しみも秘めています。それはこの季節にし …

vol.531「Webサイトのセキュリティ対策について」

澤田 健太郎(ウェブ課)

近年、Webサイトのセキュリティ対策が一層重要になってきましたが、多くの方が具体的にどのような対策をすればよいのか、疑問を抱えているのではないでしょうか? 世界中で最も利用されているホームページ作成ソフトウェア「WordPress」でサイトが作成されている場合を例に、どのような対策を取っておけばいいのかを、最も大切な2点に絞って説明します。 パスワードの管理 どんなにセキュリ …

vol.529「インフォグラフィックス」

伊藤 貴生(CS課企画)

近年、情報の爆発的な増加と共に、ユーザーはますます情報を迅速に理解しやすい形式で受けることを求めています。その中でも、ウェブデザインにおいてインフォグラフィックスの活用は、情報伝達の効果的で魅力的な手段となっています。 インフォグラフィックス(infographics)とは、information+graphicsという意味の造語で、言葉や数字だけでは伝わりづらい情報をイラストやチャート、グ …

vol.528「クリスマスと安全色」

伊藤 貴生(CS課企画)

12月も半ばを迎え、クリスマスの雰囲気が一段と盛り上がっています。デザイン会社として、クリスマスに関連するデザインもするこの季節、実はとても気を付けなければならないことがあります。それは色覚の見え方です。 クリスマスにまつわるデザインでは、赤と緑の組み合わせが定番です。サンタクロースの赤とツリーの緑はクリスマスの象徴として親しまれています。しかしこの組み合わせには、色覚特性に障がいを持つ人々 …

vol.527「印刷と紙はなくならない?」

桜井 寿之(営業部)

先日、東京・王子にある紙の博物館に行く機会がありました。王子は日本の洋紙発祥の地で、令和6年度から1万円札の肖像になる渋沢栄一さんが150年前の明治6年(1873年)に日本初の抄紙会社(製紙会社)を設立しました。博物館の展示物には、日本国内における紙の生産量を示すグラフがありました。 日本の紙・板紙の生産量は、以下の通りです。  ・2000年(平成12年)史上最高の約3,183万トン  …

123
CONTACT