Column

『vol.451「インボイス制度の事前準備」』

by 須藤 則子(総務部)

来年、令和5年10月1日より
「適格請求書等保存方式」、
いわゆる「インボイス制度」が導入されます。
これは、課税売上にかかる消費税の大きな変更です。

ここでインボイス制度を説明するのは
とても難しく簡単に説明できるものではありませんが、
経理担当の方はもうご存じだと思います。

課税事業者は、早めの登録申請が肝要です。

個人事業主の方は、自分には関係ないと思わないでください。

免税事業者(個人事業者などの課税売上高が1,000万円以下)は、
インボイス制度に登録したほうが良いのかどうか、
よく検討する必要があります。

それは、今後の売上額に大きく影響があるからです。

人から教わるだけでは簡単にはわかりません。
ご自身で一度勉強することをオススメします。

そして、経理担当だけが理解していれば
よいものでもありません。
なぜなら、営業の仕事にも大きく関わってくるからです。

仕入れの際、インボイス制度に登録している業者か、
そうでない業者かによって会社に残る利益が大きく左右されます。

私たち誠晃舎は、税理士事務所にお願いして
インボイス制度の登録番号をすでに取得しています。

これから制度開始まで、万全な事前準備を
進めなければいけないなと今から思っています。

read more