Column

『vol.433「メルマガの思い出」』

by 森山 良二(デザイン部)

お読みいただいているこの『誠晃舎通信』は、
間もなく2月15日号をもって10年目に入ります。

メルマガと言えば、世の中で電子メールが
日常的に使われるようになって
30年以上経っていると思われますが、
それと同じくらい長い歴史を持つメルマガ
もあるのではないかと思い至りました。

私もプライベートでいくつかメルマガを定期購読しているのですが、
その中で一番古いものは何かなと調べてみたところ、
22年間も読んでいるメルマガがありました。

それは当時私が興味を持っていた、
ブルーグラス(カントリーミュージックのひとつ)の
音楽ソフトを専門に扱うショップからのものです。

amazonが日本でサービスを始めたばかりだったこともあり、
あまり一般的でない商品はこのような専門的なショップを
利用しなければなりませんでした。

手続き自体はそのお店のサイト上で行うのですが、
支払い方法はまだ銀行振り込みだった気がします。

無事商品(VHSビデオソフト。古いですね)が届き、
その後お店のメルマガがおよそ月に1回という、
ゆるいペースで届くようになったのです。

私が初めて受け取ったメルマガだったこともあり、
「おっ、これがメルマガというものか」と
ちょっと感動した記憶もあります。

だからという訳ではないのですが
購読解除せずに今に至っています。

こうなるともう安否確認みたいなものですね。
皆さんもお気に入りのメルマガがありますか?

read more