Column

『vol.421「記憶色」』

by 山口 典人(スタジオ誠晃舎)

皆さんこんにちは、スタジオ誠晃舎のカメラマンの山口です。

10月というのにまだまだ暑い日が続いていますが、
皆さんいかがお過ごしですか?

秋は写真を撮りたくなる景色が多い季節です。

皆さんも携帯等で手軽に写真を撮っているのではないでしょうか?
中でも、紅葉を綺麗に撮れたら素敵ですよね。
青い空をバックに赤や黄色の紅葉などを撮れば
めちゃくちゃ映えると思います。

 

ですがなかなか綺麗な赤や黄色にならないことがありませんか?

 

その日の天候にも左右されますし、
元々あまり綺麗な色でなかったりすることもありますが、
人間には「記憶色」というものがあり、
頭の中でより彩度の高い色で記憶していることがあります。

 

実際に写真を撮ってみると「記憶色」との差異から
「なんか違う、鮮やかでない」と思ってしまうのです。

彩度が上がった綺麗な紅葉などを撮る時は、
晴天で順光(太陽を背にして光が被写体にあたる)にして
撮影するとより色味が映える写真になります。

 

デジカメには被写体によって、色味等を変えて、
より「記憶色」に近くなる設定もあるので、
興味にある方は調べてみてください。

read more