Column

『vol.376「配信ライブ」』

by 保科 慶 (CS課企画)

新型コロナウイルスの影響で様々なライブや舞台が延期・中止となり
「配信ライブ」というカタチで行われるようになっています。

皆さんは好きなアーティストやアイドルなどの
配信ライブを視聴したことがありますか?

私自身、行く予定だったコンサートが配信に切り替わり
何度か配信ライブを視聴しました。

もちろん、生で観ることに勝るものはありませんが、
ファンに寄り添った演出や企画などがあり、
未だ収束しない感染状況を一瞬でも忘れられ、
楽しめる時間になりました。

エンターテイメントの素晴らしさを、改めて実感しました。

配信ライブを視聴して感じたのは、遠方に住んでいたり、
子育てをしていたりなど普段はライブに行くのが難しい人でも
気軽に見ることができることです。

抽選がないライブであれば、当選や落選に関わらず、
好きなライブを好きな場所で見ることができます。

また、配信ライブだからこその演出もたくさんありました。
実際の映像にCGを合成したり、
配信の間にチャット機能を使って感想を伝えられたり、
事前に動画を撮って送り、
ライブを一緒に作りあげていくような演出もありました。

そういった意味では、普段とは違うカタチでアーティストやアイドルを
近くに感じられる貴重な機会でした。

少しずつ、イベントの入場制限の緩和が進んでいますが
3密を防ぐため、以前のようにコンサートや舞台などを行うことは、
しばらく難しいのかなと思います。

しかし、コロナが落ち着くときがきたら更に進化したエンターテインメントが
見られるのではないかと今からワクワクしています。

配信ライブのようなこの状況の中でも
楽しめるコンテンツが増えてきているので
日々の活力にしながら、今を乗り越えていきたいです。

これからも感染対策をしっかりと行い、
この状況を少しでもプラスに変えていけるような企画を
考えていきたいと思います。

read more