メルマガバックナンバー

2020/7/29

vol.366「ベン・シャーンと日本のイラスト」

    先日新潟市美術館で
『丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展』
を見てきました(残念ながら会期は7月29日まで)。

割と有名といえば有名ですが、好きな画家です。
展覧会の告知を見て、好きだったのを
思い出したという感じです。

「ベン・シャーン(1898-1969)」はアメリカの
画家です。初期作品に階級問題、冤罪事件を
題材にした作品があり、「社会派」という
くくりに入るかもしれません。

日本とベン・シャーンの関わりを考えた場合、
1950年代半ばあたりから活躍し始めた、
日本のデザイナーやイラストレーターに
与えた影響は大きいと言えるでしょう。

私の中でベン・シャーンの名前と絵が
一致したのは、学生の頃(30年以上前)、
山藤章二氏(『週刊朝日』などの風刺画・
似顔絵で有名)の作品&エッセイ集の中で、
影響を受けた画家として紹介されていた
のを見たときで、とても「懐かしい」印象
を受けたことを覚えています。

というのも私が子供の頃は
「ベン・シャーン流」とでも言うべき
イラストが流行しており、
それ風のものをかなり目にしていた
からだと思われます。

ベン・シャーンの絵の特長は、何と
言っても独特の「線」だと思うのですが、
筆やペンによるギザギザは、確かに
真似したくなる魅力があります。
ぜひ一度検索して見てみてください。

梅雨明けはもう少し先のようです。
美術館での鑑賞も素敵な雨の日の
過ごし方ではないでしょうか。

 

ページの先頭に戻る

誠晃舎スタッフ紹介

須藤 則子

スタッフブログ

誠晃舎の社員たちが
週一で更新するブログです

「限界芸術の本懐」西片結花×シマダマサノリ×土屋政志×近藤武…

2020/02/20

NSG美術館(新潟市中央区西船見町)さまにて 2020年2月...続きを読む

記憶の温存

2019/10/07

思いついたビジュアルや気になるものを発見すると、 簡単に描きと...続きを読む

寺(テラ)へ…

2019/06/06

2015年に新潟県新発田市の寺町通りにある14の お寺さんをま...続きを読む

挑戦

2019/04/18

「平成元年3月22日入社」が全てを物語っておりますが、 平成は...続きを読む

プラネタリウムで見る絶景

2019/03/25

こんにちは、web課の金子です。 先日、前々から楽しみ...続きを読む

記憶を風化させない

2019/03/11

こんにちは。CS課の保科です。 本日は3.11。 忘れもしない...続きを読む

ブログ一覧 >>

プロダクトデザイン三条Lab

当社のプロダクトデザインは量販店やネット通販など様々な場所で目にすることができます。ヒット製品を見る→

漫画で読ませる 漫画で伝える

当社は様々なキャラクターを描くことができる20名の漫画家・イラストレーターと提携しています。20名のイラストを見る→

注目させる動画 制作します!

画像や文章だけでは表現しきれない「向こう側」を動画は鮮明に伝えます。売れる動画撮ります!動画の実績を見る→

お客様の声

お客様から、当社の仕事についてインタビューをさせていただきました。誠晃舎を利用するコツが分かるかも。インタビューを見る→

お悩み、ニーズを解決します

創業36年の誠晃舎が長年培ったノウハウと豊富な知識・経験で、その「困った」をスッキリ解決いたします。解決事例を見る→