Column

『vol.360 「不便から生まれるアイディア」』

by 斉藤 和則(営業部)

こんにちは。営業部の斉藤です。

緊急事態宣言が解除されてから
約1ヵ月が経過しました。

少しずつですが普段の生活が
戻ってきているようにも感じますが、
マスクの着用や手指のアルコール消毒、
3密を避けるといったことは継続し、
感染予防を意識した生活が続いています。

少なからずストレスを感じる生活が続いていますが、
そんな日常から脱却すべく、
先日新発田市のキャンプ場へ行ってきました。

キャンプは「不便を楽しむもの」とよく言います。
料理をするにも火を起こし、
設備が充実していない中で
野菜や肉などの具材を切ったり、
普段と比べて全てのことに余計に手間が掛かります。

ただ、そんな手間が「楽しい」と素直に感じます。

また、不便な環境の中で知恵を絞り、
ノウハウを覚えて効率的に作業ができた時は、
たまらなくうれしくなります。

コロナウィルスのパンデミックが起きて
生活が一変してしまいましたが、
不便を感じる日常から新しいアイディアを生み出し、
日々の生活を充実させたいと思います。

仕事においても新しいアイディアから企画を考え、
デザインを通じて社会に貢献できるよう、
日々精進したいと思います。

read more