Column

『vol.348「ミルクボーイのコーンフレーク」』

by 山田 明日香 (スタジオ誠晃舎)

おはようございます。
スタジオ誠晃舎の山田です。

今日は「コーンフレーク」のお話を。

去る2019年の年末に「M-1グランプリ」
がありました。「M-1」とは若手の
漫才師が漫才の頂点を競う大会です。

昨年はミルクボーイというコンビが
優勝したのですが、その漫才のネタ
のひとつになったのがこの「コーン
フレーク」です。

内容を要約すると…。

「うちのオカンが朝食で食べる
『アレ』の名前が思い出せへん、
なんやったっけ?」
という話の流れで漫才が始まります。

「それコーンフレークちゃうかなぁ。」
「それコーンフレークや!」と
しきりにツッコミを入れるのですが、
その後のツイッターのトレンドワード
に「コーンフレーク」が急上昇。

ツッコミが、
「それ、コーンフレークやないかっ」
と何度も繰り返すのですが、
その影響からか私の頭の中も
「コーンフレーク」でいっぱいに
なりました。

漫才中に「コーンフレーク」という
ワードを何回発したか数えたところ、
37回でした。

ネタの時間が4分以内とのことなので、
およそ6秒に1回、「コーンフレーク」
と発しているということになります。

私も「久々にコーンフレーク食べたい
なぁ」なんて思ってしまい、翌日
スーパーに行ってみました。

ネット上では、
「コーンフレークの在庫がない」といった
声や店舗からメーカーへの問い合わせが
多く、商品が品薄になってきている
という情報を得ていました。近所のスーパー
は品切れではなかったですが棚はスカスカ
になっていました。

「繰り返し・何度も同じ言葉を発すること」。
この宣伝効果(ザイオンス効果)は、もの
すごいなと感じました。
(ネタなので、もともと宣伝のつもりでは
なかったと思いますが…)

現在、優勝したミルクボーイが
某シリアルメーカーのイメージ
公式応援サポーターに就任した
とのことです。

コーンフレークには牛乳の代わりに
豆乳やヨーグルト+はちみつを
かけても美味しいです。

また、ドライフルーツやナッツ、
果物などを加えるとさらに栄養価の
グラフが高くなりますし、生産者さん
の顔も浮かびやすくなります。
(シュガー入りのものはカロリーが
高くなります。またドライフルーツ
も糖分が高いのでカロリーを気に
される方は注意してください。)

さて、このメルマガで何回
「コーンフレーク」と
書いたでしょうか。

read more