Column

『vol.355「自粛から生まれるモノの価値」』

by 初瀬 隆幸 (営業部)

新型コロナウイルス感染症の拡大による、
緊急事態宣言が出たことにより、
自宅で過ごす時間が多くなっていると思います。

通常ならば製菓用品の販売は一年の中で
バレンタインデーがピ-クになりますが、
今年はコロナ特需でバレンタインから
ずっとピ-ク状態が続いているようです。

学校も休校が続く中、親子でお菓子作りや
料理を楽しむ方が増えているからです。

その影響もあり100円ショップも最近混んでいるように感じます。

 

100円ショップと言えば、「ボトルラック」という商品をご存知でしょうか。
ボトルとその蓋を洗った後に、置いて干しておけるプラスチック製の商品です。

私がこの商品を購入したときは、ボトルやコップで使う以外
あんまり考えていなかったですが、SNSで動画を見てみると
水筒や哺乳瓶など、様々な使い方が披露されていました。

「こういう使い方があるんだ?」と、
全く予想していなかった使い方もあり、
見ていると面白いです。
今我が家でこのボトルラックという商品は
完全に哺乳瓶置きになっています。

 

今回のコロナ禍で生活様式が変わったことによって、
世の様々な商品のポテンシャルがさらに
引き出されている傾向があるようにも感じます。

定期的に使っていた商品が、家に籠もるようになったことにより、
使う頻度が上がって、その商品に愛着がわいたり、
新たな使い方の可能性に気づくこともあるのではないでしょうか。

 

特に100円ショップは単純な仕組みの商品が多いので、
応用力を秘めていると言えます。
これを機会に、今まで注目されていなかった製品が
日の目を見ることがあるかもしれません。

そしてそのような可能性を秘めた商品には、
飽きが来ないいいデザインが欠かせません。
常日頃プロダクトデザインから新商品開発を
お手伝いしているので、これからもデザイナーと協力して
世にいい製品を送り出したいです。

read more