メルマガバックナンバー

2018/3/13

vol.253「インナーマッスルを鍛える」

rogodayo3


 業務課の田中です。

 日々配送の仕事をしている中で、重い荷
 物を運ぶことも多々あります。この業界
 では紙の厚さを90キロとか110キロと呼び
 ますが、これはその紙1,000枚の重さで、
 そのことからも分かるとおり、意外と紙は
 重いです。よって日々体力勝負なところが
 あります。


 皆さんは、アウターマッスルとインナー
 マッスルをご存知でしょうか。

 アウターマッスルとは、外から見たり、触っ
 たりできる筋肉でボディビルダーがメイン
 で鍛えている筋肉です。爆発的な強い力を
 生み出せるのが特徴です。

 インナーマッスルとは体の内側にある筋肉
 のことでアウターマッスルとは異なり外か
 ら見たり触ったりできません。主に姿勢を
 細かく調整したり、関節の位置を正常に保
 つ働きをすると言われています。


 私は昔からスポーツが好きで今でもバスケッ
 トボールを続けていますが、より質の高い
 パフォーマンスを得る為にワークアウト(*)
 を行っていた時期がありました。

 バスケットボールのプレイで質の高いパフォ
 ーマンスとは簡単に説明すると「早く走る」、
 「高く飛ぶ」、「当たり負けをしない」と私は
 考えているのですが、改めて考えるとその
 当時鍛えていたのはアウターマッスルばか
 りでした。

 アウターマッスルを鍛えることは、比較的
 早くパフォーマンスの向上を感じることが
 できますし、何より見た目が変わるので
 ワークアウト自体も楽しく、モチベーション
 を維持することもできました。

 単純な私は外見がみるみる変わるアウター
 マッスルのみのワークアウトに熱が入り過ぎ、
 結果的に柔軟性に欠けた、怪我がしやすい体
 を作ってしまい、何度も怪我に泣かされました。

 最近では当時ほどのワークアウトをすること
 もありませんが、仕事でもいいパフォーマン
 スを続けていくためにも、これからは柔軟性
 のある健康的な体作りを目標に、時間を見つ
 けてインナーマッスルを勉強し、ワークアウ
 トを実践していきたいと思います。


 (*)=健康・運動機能の維持・向上のために行う
     あらゆる運動やトレーニング全般のこと

 

                by 田中 肇 (業務課)

 

ページの先頭に戻る

誠晃舎スタッフ紹介

坪谷 直美

スタッフブログ

誠晃舎の社員たちが
週一で更新するブログです

「三十歳(ミソジ)」展!

2018/06/18

去る6月8日(金)から10日(日)までの3日間開催された「三十...続きを読む

イトウはりんごのペンをてにいれた!

2018/06/11

5月の連休前に、一念発起してipad proとApple pe...続きを読む

痛みに耐えて頑張りました

2018/06/04

皆さんこんにちは。営業の石塚です。 黄金週間も終わり...続きを読む

展示のお知らせ

2018/05/28

こんにちは。スタジオ誠晃舎の山田です。私事のお知らせとなります...続きを読む

平昌オリンピック・エンブレム

2018/03/19

アンニョンハセヨ~スタジオ誠晃舎の山田です。あっという間に平昌...続きを読む

おうちで肉フェス

2018/03/12

確定申告を無事終わらせました業務課の田中です。確定申告ってなん...続きを読む

ブログ一覧 >>

誠晃舎運営オンラインショッピングサイト ユメカタ

三条Lab

当社のプロダクトデザインは量販店やネット通販など様々な場所で目にすることができます。ヒット製品を見る→

漫画で読ませる 漫画で伝える

当社は様々なキャラクターを描くことができる20名の漫画家・イラストレーターと提携しています。20名のイラストを見る→

注目させる動画 制作します!

画像や文章だけでは表現しきれない「向こう側」を動画は鮮明に伝えます。売れる動画撮ります!動画の実績を見る→

お客様の声

お客様から、当社の仕事についてインタビューをさせていただきました。誠晃舎を利用するコツが分かるかも。インタビューを見る→

お悩み、ニーズを解決します

創業36年の誠晃舎が長年培ったノウハウと豊富な知識・経験で、その「困った」をスッキリ解決いたします。解決事例を見る→

撮影スタジオ マイスタ 売ってます

この撮影ブース「マイスタ」が一台あれば、キレイな写真を簡単に撮ることができます。お値段は税込1,944円詳しくはこちら→

ダンボール製ゴミ箱

オフィス、自宅、野外で使えるダンボール製ゴミ箱。汚れたら資源ごみとして捨てれるからとってもエコです!詳しくはこちら→

誠晃舎スタッフ ポートフォリオ

誠晃舎のスタッフがプライベートで制作した作品集です。
在籍している部署にとらわれず、自由に創造された作品たちをご覧ください。