社員ブログ

寺(テラ)へ…

2019/6/6

2015年に新潟県新発田市の寺町通りにある14の
お寺さんをまとめた観光ガイドブック『巡る。』を
制作する仕事をさせていただいたのですが、
さらに今回7つのお寺さんを追加した改訂版制作
に携わらせていただきました。

これです!表紙の写真は宝光寺さんの山門。
私はライター&編集として中の文章を書いたりページ
ネーション&基本的なレイアウトを組んだりしました。

なんといってもお寺は奥が深い。
紙面に入り切らなかった情報も星の数…。

新発田市は元々新発田藩の城下町だったので、
新発田藩主の溝口家の方々の菩提寺があったり、
赤穂浪士で有名な堀部安兵衛縁のお寺があったりと
歴史的観点から見ても見どころたくさんです。

チラッと中も見せますが、上記のように各お寺さんが
2ページ見開きで紹介されています。
あまりに伝える内容が多過ぎて4ページにも及んでいる
お寺さんも3寺ほどあります。
その一つでもあるのですが、今回は日本三大不動尊の
1つである菅谷寺さんも掲載しています。

 

そんなお寺さんですが、6月1日、2日と二日間、
新発田寺町通りで開催された「しばた 寺・美楽喜(びらき)」
というイベントへ行って来ました。

実は今回の『巡る。』改訂版はこのイベントでの
お披露目を目標に制作してきたんです。

この寺町通り界隈は14もの寺が密集して存在しており、
その14のうち11寺が参加し、各々趣向を凝らしていました。
坐禅、写経などのお寺体験はもちろん、「テラマチノ市」
なるフリマ&フードコート、境内にある池でのザリガニ釣りや
竹馬作りなどたくさんの企画があり楽しめました。

寺町通りにある休憩所のたまり駅さんをのぞいたら、
置いてありました『巡る。』!
期間中100冊以上売れたようです。
お寺通の方々も読みごたえ十分。
気になった方はぜひ新発田市へ
お求めに行ってみてください。

そんな中、相円寺さんで坐禅体験ができるということで、
生まれて初めての坐禅をしてきました。

坐禅は初体験でしたが、心身ともにスッキリしました。
イラストのような警策(木の棒)で叩かれることは
ありませんでした。

ご住職のありがたい説法を聴きながら10分程度。
坐禅の前の準備体操もあったりと、初心者にも
優しかったです。

これからは仕事に行き詰まったら、
自ら坐禅してみようと思います。

そういえば、最近耳にしたのですが、今世の中には
「#ナムい」というタグが存在するようですね。
Instagramなどでこのタグをつけてアップする場合は、
お寺に関するインスタ映えしそうな写真を上げるのだそうです。

ナムー。