社員ブログ

痛みに耐えて頑張りました

2018/6/4

皆さんこんにちは。

営業の石塚です。

 

黄金週間も終わり、

祝日の無い6月に突入ですが

いかがお過ごしでしょうか?

 

私事になりますが、

先日、尿路結石になりました。

これがもうとにかく痛かったので

少し私の話を聞いてください。

 

そもそも尿路結石症とは、

尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)といわれる尿の通り道に

結石が存在する病気のことをいいます。

 

腎臓の中で、シュウ酸カルシウムや尿酸などの

物質が飽和状態となると、小さな結晶ができ、

これが体外に尿で排出されないと

さらに成長、凝集し尿路結石となります。

結石は、ドリアンやパインアップルのようなとげとげしい形状をしています。

 

※実物は結構生々しいので写真はドリアンです。

 

発症時(転がった際)の痛みは胆石、すい炎と並び、

「3大激痛」といわれるほどで、

中でも結石は「七転八倒の苦しみ」や「想像できない痛み」と

表現されるぐらい痛いのです。

わき腹、腰、下腹部などに突然激痛が走るので

たまったものではありませんでした。

 

※ちなみに発症率は男性で7人に1人、

女性が15人に1人位と聞いたことがあります。

 

尿路結石は大きいと手術や衝撃波による砕石を行いますが、

小さいと自然排斥が一般的治療になります。

今回は私も泌尿器科で薬をもらって自然排斥でした。

 

転がった結石は無事に2週間程度で排出されました。

直径4mmくらいの石でした。

腎臓には残存が残っているので若干不安ですが、

毎日水をいっぱい飲んで再発予防に努めます。