社員ブログ

来年の誠晃舎カレンダー

2017/12/11

 

こんにちは、三条ラボの嶋田です。

来年の誠晃舎カレンダーが完成しました。

昨年は1ヶ月分だったのですが、今年はまるまる1年担当しました。

sima1

 

任せて頂いた事が嬉しい反面、

プレッシャーもすごく感じました。

 

しかし、凝り固まって普段の自分らしさが

発揮できない物を作ってもいけないと思い、

(こんなこと描いたら怒られちゃうかもしれ

ませんが…)会社の事は一切考えず、

いつもの私のスタイルで描いた作品を

セレクトしました。

 

私のスタイルは、気負わず描く事。

絵画やイラストレーションではなく

あくまで「らくがき」と称して描きたい

時に描きたい場所で描いています。

 

そして「日常生活でふっと頭に浮かん

だイメージ、気になる言葉を可視化

して伝える」事をテーマに描いています。

 

 

例えば、8月のうさぎのイラストのタイトルは、

「踏み出さずに留まっていもリスクは潜んでいる」

sima3

 

(画像は制作中の画像です、完成は実際のカレンダーで)

 

これは「何かをするのにもリスクはあるが、

何もしない事にも実はリスクが潜んでいる。」

という言葉を聞いた時に産まれました。

 

川に落ちてしまいそうだからと向こう岸に

渡るのを躊躇しているウサギちゃん。

そのウサギちゃんの知らない所(地面の中)

では、モグラさんがトンネルを掘っています。

 

このままでは、ウサギちゃんが向こう岸に

渡ることをあきらめても結局地面が崩れて

川に落ちてしまいます。

 

こんなストーリーに「やりたいことがあるのに、

リスクに怯えて動き出せない人への後押し」

を込めて描きました。

 

タイトルが解るとイラストの見え方も変わって

くるのではないでしょうか?

 

他の月のイラストもどんなタイトルか

想像すると面白いと思います。

siha03

 

イラストのタッチもCGと手描きの中間の

独特な雰囲気が出せるように、細かい

毛まで描きこんでます。

 

語ると止まらないのですが、あまり説明し

すぎるとイラストがくどくなってしまうので、

ここまでにします。

 

イラストは、自分のイメージを人に伝える

有効な手段です。私はプロダクトデザイ

ナーですが、表現方法のひとつとして、

これからも描き続けたいと思います。

 

カレンダーがまだお手元に届いていない方は、

当社担当営業の方へお問合せ下さい。

(数には限りがございます)