社員ブログ

「画磔」から解き放たれて

2017/9/25

8月5日から9月1日まで新潟市中央区のNSG美術館にて

3年ぶりに個展開催させていただきました。

 

ご来場いただいた方々には感謝しかございません、ありがとうございました。

 

私に美術館全てを解放し、企画してくださった,

NSG美術館の関係者様の「勇気」には改めて感謝いたします。

1

2

今回、初めての試みで不定期(詳細事前予告なし、私の気分次第!)

ながら数回、会場でライブペインティング(そんなに大袈裟でもないが)を

行いました。即興でB1パネルや会社からもらってきたダンボール表面に

数枚描きました。

 

偶然ご来場いただいた海外からお越しの2人組の方が、

「オー、アメイジング!」などと解りやすい英語で話しかけて

こられましたが、理解できたのはその一言だけ!

あとは身振り手振り&表情での会話に終始しました。

こんな時英語が話せたらなぁ~なんて思いました。

 

いずれにしろ、家で描いてるみたいに

自然とできたことが驚きでした。

(変に肩肘張らなきゃ、緊張しないものでした)

 

3

個展開催をそもそも承諾させていただいた理由の一つが、

これを機に逢えない方に会うこと。

逢えないながらも、あいつ変な絵描いてソコソコ元気なのかな、

なんて思っていただけたら本望。

(その点、新潟日報の取材及び掲載は反響が大きくありがたかった)

 

多くの方に観て頂きたいとか有名になりたいとか、

売れたいとか・・・実は全くありません。

 

特に30年振りにお逢いできた学生時代の先生方

(加藤館長、渡辺副校長、月岡先生、小林館長代理などなど)

にはたまらないものありましたし、

普通なら絶対お逢いできない方とたくさん逢えました。

 

私も美術館に常時在廊しているわけもないため、

芳名帳を時折チェックすると懐かしい方々の名前が

見受けられ、とても嬉しく思いました。

 

何らかの形で感謝の意を伝えたいと考えています。

 

個展タイトル「画磔」、サブタイトル「絵画と画家を磔に処す」。

タイトルを地で行った約1ヶ月間は緊張感と心地よい疲れ、

満足感、そして開放感を得ることができました。

 

 

また、いずれチャンスありましたら・・・。

4