社員ブログ

立ち止まる光景

2015/9/7

スタジオ誠晃舎の山田です。

 

8月は知人の結婚式のため、横浜と軽井沢に行ってきました。
お盆には、日帰りで長野県のヴィーナスラインをドライブしました。

 

横浜の式では、
式場がみなとみらいというロケーション。
夜からの挙式だったこともあり、
コスモワールドの夜景とみなとみらいの高層ビルが一望できる立地でした。
軽井沢は森の中の教会で、教会がガラス張りで、
とても神秘的でした。

 

image001

↑軽井沢へ行く途中に寄った鬼押出し園。

 

 

さて、ここからは絵のお話をします。

 

絵を描く時、「体験」を
題材に作品を描くことが多いです。

 

「見た」「聴いた」「感じた」、
そういったものを「抽象画」という表現方法で
絵を描いています。

 

抽象画とは「具体的な対象をかきうつすということのない絵画、
具象であっても事物そのままの形からは離れている(wikipedia参照)」
絵画のことをさします。

 

-好きな抽象表現
○パウル・クレー
○ニコラ・ド・スタール

 

空や水、植物がモチーフになることが多いのですが、
実際に山に行って自然を見たり、空を眺めたりすると
自然って、天然ってすごい!と、何度も何度も感じて、
忘れないように目に焼き付けてきます。

 

そんなわたしですが、
先日、スタジオに訪れた方が、
壁に飾ったわたしの絵を二度見して帰っていきました。

 

来社してすぐに一度見て、帰り際にもう一度絵を見上げて
帰っていきました。

 

「人の足を止める」
「何度も見入ってしまう」

 

そんな作品を今後も作っていきたいなと思います。

 

現在、展示に向けてちょこちょこ動いているので、
徐々に皆さんにお知らせさせていただきたいと思います。

image003

↑スタジオの壁に飾ってあるわたしの作品「ひまわり」

 

 


今回のブログ担当者の紹介ページは ≫メンバー紹介 山田 明日香 です。
併せてご覧ください。