社員ブログ

【熱中症注意!】「水と土の芸術祭2015」を巡って

2015/8/3

こんにちわ、外出が好きで出不精のCS課桜井です。

 

そんな私、重い腰をそっと持ち上げて、
新潟市で開催されている「水と土の芸術祭2015」を巡ってきました。

 

これまでに2回、今回で3回目の開催とのことですが、
私は初めて巡りました。

 

今まで芸術祭については少し敬遠しているところがあったのですが、
今回とある理由で巡ってみることにしました。

 

今回の“水土”は、新潟市内の4つの潟、
「鳥屋野潟」「福島潟」「佐潟」「上堰潟」をメインフィールドに、
旧二葉中学校、いくとぴあ・天寿園を合わせた6つの主会場で
たくさんのアーティストが各々に作品を制作し、展示しています。

 

マップはこちら→ http://www.mizu-tsuchi.jp/map/

 

ここでお断りを。
会場が広域すぎるので、このブログ記事を執筆時点では
全てを回りきれておりません。

この記事を前編として、来週予定の後編と2本立てでの
レポートを予定しています!

 

まず前編では、ベースキャンプ旧二葉中学校と
鳥屋野潟、福島潟を少しずつ紹介していきます。

 

 

【エリア:ベースキャンプ旧二葉中学校】

 

『Niigata 水の記憶マップ 2009~』(酒百宏一)

新潟市内にある石碑など、
水との闘いの記録を残したものを記録したもの。

記録方法は石碑等に紙を重ねて色鉛筆などでこすり、
下地の文字や模様を浮き出させていくフロッタージュ技法で行っています。

IMG_0207

IMG_0212

 ショップで購入した「Niigata 水の記憶マップ 2009 酒百宏一 新潟との対話の記録」

 

市内の300箇所近い場所を巡っていて、
A4サイズぐらいの紙から大きいものだと
模造紙より大きいサイズにびっちり写し取っていく作業は
想像を絶する根気のいることだと感じました。

 

現代だとデジカメ、写メでパシャっと簡単に写真に記録できますが、
これだと撮りっぱなしで何も残らない。
だけど、作者のやっていることは一文字、一文字丁寧に写して、
目で手で心で感じているんだと思います。

 

新潟は水と闘ってきた場所と、大学入学してすぐの頃に講義で教わりました。
闘いの歴史は意外と新潟市民には知られていないと感じています。
人知れずある石碑等に関心を持って、歴史に向き合い、
未来を(防災的な意味も込めて)見ていくべきだと感じています。

 

 

【エリア:鳥屋野潟】

 

『新潟宇宙』(u ru sa☆nai)

宇宙船を鳥屋野潟・栗の木川のほとりに制作してます。
こっそり葦原の裏側にあるので、見付けにくいかも?

IMG_0199

巡ったときにはまだ完成してなく、
アーティストが制作しているシーンを見ることができました。

 

宇宙船内には新潟市にゆかりのあるもので内装?をつくっているとのこと。
店の包装紙や新潟日報の古新聞(戦後すぐぐらいの)を壁紙にしていました。

 

操縦席から鳥屋野潟を望むことができ、
なんとなく鳥屋野潟を滑走路にして
飛び立っていこうとしているのかなぁと妄想しました。

 

また完成したタイミングで行ってみようと思います。
アーティスト性全開☆

 

 

『栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった(2009)』(磯辺行久)

2009年開催の作品。もともとは土に埋もれてたのでしょうか?
作品紹介に「遺構の一部を掘り出し」とあるので、
2009年に掘り出したと思われます。

 

鳥屋野潟・栗の木川のほとりにこんな場所があったんだと驚きました。
新潟の近代遺産の一つとして、歴史の重みを感じられるものでした。
もっと存在をPRできないかな~世界遺産級!!

IMG_0195

 

 

【エリア:福島潟】

 

『TINY HOUSE ~知識の護美箱(GOMIBACO)~』
(【SHELTER】project GOZU-NS)

かわいい作品でした。
つぎはぎの色々な色の外壁、ステンドグラスはガラス瓶、
屋根の上に風車と太陽光パネルで自家発電中。
室内は福島潟をしっかり見るため?に勉強する本がたくさん。

IMG_0164

IMG_0166

IMG_0168

IMG_0170

 

以上、気になった作品をちょっとだけご紹介しました。

 

タイトルにあるように、今の季節に野外の芸術作品を見るには、
熱中症・日焼けに注意する必要があります!
場所によってはあまり日陰がありませんので、
帽子に日焼け止め、虫さされにドリンクの準備は
ぬかりなく準備して巡ってください。

 

 

おまけ・・・

 

公式ガイドブックを購入すると、スタンプラリーに参加できます。

IMG_0205

私もスタンプラリーを始めましたが、始めたタイミングが悪い!
巡っている途中でガイドブックを購入したので、
スタンプが全然押せてない。

 

IMG_0206

まだ二つ!すでに20個ぐらい見てるのに!

 

ガイドブックは、しっかり巡りたいという方には、購入をオススメします。
巡る前に下調べがある程度必要だったなと感じてます。

 

ガイドブックを手に入れたら、是非スタンプラリーに参加しましょう!
景品もらえるようです♪

 

福島潟はオニバスが花を咲かせています。見頃です

IMG_0193

 

サテライト天寿園の清五郎潟にはなんと、ろくろ首がいます。これも作品です。
こちらはぜひ実際に足を運んで見てみてください。

IMG_0160

 

「水と土の芸術祭2015」公式サイト
http://www.mizu-tsuchi.jp/

 

後編につづく~

 

 


今回のブログ担当者の紹介ページは ≫メンバー紹介 櫻井 寿之 です。
併せてご覧ください。