ケッコー企画ブログ

死んでVtuberデビュー!?

2020/5/27

「終活」という言葉が一般的になって10年以上が経ちました。
「終活」とは、平成21年に週刊朝日が造った言葉です。

元々は葬儀など、人生の終焉に向けての事前準備のことを指しましたが、
現在では
「人生のエンディングを考えることを通じて、今を自分らしく生きる活動」
のことを言うようです。

高齢化社会を迎えた日本において、葬儀や埋葬、それに関連する
業界や産業は年々拡大しています。いち早くビジネスに乗り出して
いる事業者が増加しており、この動きはさらに拡大すると予想されています。

そのような世の中の流れもあり、2015年から「エンディング産業展(ENDEX)」
という終活ビジネスに特化した展示会も開かれるようになりました。
今年は11月18日~20日に東京ビッグサイトで開催が予定されています
(今のところ新型コロナによる延期等は発表されていません)。

 

終活ビジネスというと、葬式、墓、花、遺影写真などが
思い浮かぶかもしれません。しかし、現在それに限らず
多種にわたっており、面白い商品・サービスも増えています。

例えば、お別れの肉声を預かるサービス、自分の肉声で
ナレーションができる自分史作成サービス、3Dプリンタで
作る自分の胸像フィギュア、故人の大好きだったものを
モチーフにしてろうそくにするサービスなど、アイデア次第
では、まだまだ新たなニーズを掘り起こせそうな印象です。

 

 

そんななかこの前ニュースで驚くべきサービスを見ました。
それは「動く遺影」。お葬式の遺影が瞬きをしたり、
微笑んだりするサービスです。

このサービスの存在を知らずに弔問したら、腰を抜かすほど
驚いてしまうかもしれません。個人的には亡くなった方をイジる
のはどうかと思いますが、実際遺族の中には感動のあまり
泣いてしまう方もいるとのことで、賛否両論あるようです。

 

この動く遺影のことを調べたところ、Live2Dというソフトを
使っているらしいことが分かりました。実はこれ、調べる前から
私は大方予想していたんです。というのも、最近このLive2Dを
個人的に勉強していたからです。勉強と言っても関連動画を
Youtubeで見漁っているだけなのですが、今はこのソフトの
魅力に取り付かれています。

どのようなソフトなのか簡単に説明すると、3DCGモデリングソフトが
無くても、2Dのイラストを用意すれば、立体的に動くキャラクターに
することができるソフトです。

用意するイラストのパーツ分けが結構面倒で難しいですが、
3Dを描くよりはとっつきやすい印象です。まだ試行錯誤中なので、
自分で制作したキャラクターはまだ何もカタチになっていませんが、
なかなか外出がしにくい今日この頃、私にとって取り付くには
とてもいいコンテンツとなっています。

 

巷で活躍するいわゆる「Vtuber」はこのソフトで制作された
キャラクターが多く使われているようです。無料試用期間も
あるので、興味がある人はサイトを訪ねてみてください。

これまで描いてきたことを総括するとつまり、
遺影を動くようにできるのであれば、
遺影でVtuberを作ることもできる
ことになりますよね。

遺言で、「自分をVtuberにして残して欲しい」と書き記す人が、
これから現れるかも(?)しれないなぁとふと考えました。

 

ページの先頭に戻る

誠晃舎ができるデザイン
新潟のデザイン会社 誠晃舎では、グラフィックデザイン・印刷(カタログ、パッケージ、その他販促物)、
プロダクトデザイン、WEBサイト制作、展示会ブースのデザイン・施工、 DVD・動画制作、商業写真撮影、
企画立案、マンガ広告制作、キャラクター作成を総合的に行っています。

パッケージ 展示会 WEB プロダクト
チラシ 撮影 販促 企画

誠晃舎スタッフ紹介

初瀬 隆幸

スタッフブログ

誠晃舎の社員たちが
週一で更新するブログです

「限界芸術の本懐」西片結花×シマダマサノリ×土屋政志×近藤武…

2020/02/20

NSG美術館(新潟市中央区西船見町)さまにて 2020年2月...続きを読む

記憶の温存

2019/10/07

思いついたビジュアルや気になるものを発見すると、 簡単に描きと...続きを読む

寺(テラ)へ…

2019/06/06

2015年に新潟県新発田市の寺町通りにある14の お寺さんをま...続きを読む

挑戦

2019/04/18

「平成元年3月22日入社」が全てを物語っておりますが、 平成は...続きを読む

プラネタリウムで見る絶景

2019/03/25

こんにちは、web課の金子です。 先日、前々から楽しみ...続きを読む

記憶を風化させない

2019/03/11

こんにちは。CS課の保科です。 本日は3.11。 忘れもしない...続きを読む

ブログ一覧 >>

プロダクトデザイン三条Lab

当社のプロダクトデザインは量販店やネット通販など様々な場所で目にすることができます。ヒット製品を見る→

漫画で読ませる 漫画で伝える

当社は様々なキャラクターを描くことができる20名の漫画家・イラストレーターと提携しています。20名のイラストを見る→

注目させる動画 制作します!

画像や文章だけでは表現しきれない「向こう側」を動画は鮮明に伝えます。売れる動画撮ります!動画の実績を見る→

お客様の声

お客様から、当社の仕事についてインタビューをさせていただきました。誠晃舎を利用するコツが分かるかも。インタビューを見る→

お悩み、ニーズを解決します

創業36年の誠晃舎が長年培ったノウハウと豊富な知識・経験で、その「困った」をスッキリ解決いたします。解決事例を見る→