ケッコー企画ブログ

なぜ子供だけお年玉をもらえるのか(仮説)

2020/1/9

さて仕事始めから数日経ち、そろそろ正月気分も抜けてきた頃かと思います。ところで皆さんは今年の年末年始において誰かに「お年玉」をあげたでしょうか。

そのお年玉について、NHKの「チコちゃんに叱られる!」の新春SPで取り上げられていました。実はお年玉の「玉」とは「魂」のことなのだそうです。元旦に各家庭に降りてくるとされている「年神様(としがみさま)」がくださる「魂」。ここで言う「魂」とは、私たちの生きる力、気力のようなものです。

さて、この「年神様」とは何者なのでしょうか。

年神様は中々な血統の出でありまして、日本神話では『古事記』において須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売(かむおおいちひめ)の間に生まれた子とされています。その年の幸せや五穀豊穣を運んでくると考えられていて、年末やお正月に行われる様々な行事は、年神様を迎えるためのものなのです。

年末の大掃除は年神様を迎えるために家を清めるのが目的ですし、門松を立てるのは年神様が道に迷わないようにするための道標、おせち料理は年神様をもてなすための料理なのです。そして降りてきた年神様の依り代とされているのが鏡餅です。つまり鏡開きで餅を割ってみんなで分ける行為が、この年神様の「魂」を分けているということなんです。その年の魂となる餅玉は、家長が家族に「御年魂」として分け与えました。これがお年玉のルーツです。

私、これは全然知りませんでした…。

「返報性(へんぽうせい)」という言葉をご存知でしょうか?

マーケティングを考えるときにも登場する言葉ですが、簡単に言うと「他者から何か与えられた人が、その相手に対してお返しをしたくなる傾向」のことです。どのような出来事でも、プレゼント、または特権を渡されたとユーザーが認識すれば、この効果が生じると言われています。

この効果を狙ったものと言って思い浮かべるのが「無料」のサンプルやサービス。世の中には無料で提供されているものが数多く存在しますが、これらはユーザーの「返報性」に期待して行われています。

「無料でサンプルをもらったから、ひとつ買ってあげようか」とか考えたことはありませんか?

スマホの無料ゲームもこれに当てはまります。ずっと課金なしでやり続けるのが申し訳なくなって…なんてことが誰にでもあると思います。私もあります…。いい商品が開発できて、世の中に拡散させたいときに、消費者の「返報性」に期待して、まず無料で配るのも、一つの手段として考えることができます。

この「返報性」ですが、小さい子どもにはあまり効果が望めません。小さい子どもは自ら生産活動をしないので、一方的に周りからモノをもらう存在です。モノを提供されるのが当たり前なので、そこにいちいち「お返しをしなければ」という感情は起きないからです。

その昔お正月に家長から「お年玉」としてもらうものが餅だったのが、時が経つにつれてお金になりました。そんな流れの中で大人たちは、この「返報性」の感情から、「毎年お年玉をもらう=その年のノルマを感じる」ものとなってどんどん廃れていった中、子どもだけが変わらず遠慮なくもらい続けたのでその風習だけが残った…。それが子どもだけがお年玉をもらえるようになったとは考えられないでしょうか。

 

ページの先頭に戻る

誠晃舎ができるデザイン
新潟のデザイン会社 誠晃舎では、グラフィックデザイン・印刷(カタログ、パッケージ、その他販促物)、
プロダクトデザイン、WEBサイト制作、展示会ブースのデザイン・施工、 DVD・動画制作、商業写真撮影、
企画立案、マンガ広告制作、キャラクター作成を総合的に行っています。

パッケージ 展示会 WEB プロダクト
チラシ 撮影 販促 企画

誠晃舎スタッフ紹介

長谷川 洋

スタッフブログ

誠晃舎の社員たちが
週一で更新するブログです

「限界芸術の本懐」西片結花×シマダマサノリ×土屋政志×近藤武…

2020/02/20

NSG美術館(新潟市中央区西船見町)さまにて 2020年2月...続きを読む

記憶の温存

2019/10/07

思いついたビジュアルや気になるものを発見すると、 簡単に描きと...続きを読む

寺(テラ)へ…

2019/06/06

2015年に新潟県新発田市の寺町通りにある14の お寺さんをま...続きを読む

挑戦

2019/04/18

「平成元年3月22日入社」が全てを物語っておりますが、 平成は...続きを読む

プラネタリウムで見る絶景

2019/03/25

こんにちは、web課の金子です。 先日、前々から楽しみ...続きを読む

記憶を風化させない

2019/03/11

こんにちは。CS課の保科です。 本日は3.11。 忘れもしない...続きを読む

ブログ一覧 >>

プロダクトデザイン三条Lab

当社のプロダクトデザインは量販店やネット通販など様々な場所で目にすることができます。ヒット製品を見る→

漫画で読ませる 漫画で伝える

当社は様々なキャラクターを描くことができる20名の漫画家・イラストレーターと提携しています。20名のイラストを見る→

注目させる動画 制作します!

画像や文章だけでは表現しきれない「向こう側」を動画は鮮明に伝えます。売れる動画撮ります!動画の実績を見る→

お客様の声

お客様から、当社の仕事についてインタビューをさせていただきました。誠晃舎を利用するコツが分かるかも。インタビューを見る→

お悩み、ニーズを解決します

創業36年の誠晃舎が長年培ったノウハウと豊富な知識・経験で、その「困った」をスッキリ解決いたします。解決事例を見る→