ケッコー企画ブログ

オクシモ論

2019/12/26

1997年にThe Verveというバンドが発表した、『Bitter Sweet Symphony』という曲をご存知でしょうか。この曲が世に出てからすでに20年以上経ちますが、いまだにTV番組に流れるのを耳にすることがあるほどの名曲です。気になった方は動画サイトで検索してみてください。誰でも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

この曲が入った3rdアルバム『Urban Hymns』は学生時代に買って以来、自宅にずっとあります。それくらいお気に入りな名盤なのですが、実はこの曲がどれほど素晴らしいのかを語るために今回のブログを書いているわけではありません。この曲名『Bitter Sweet Symphony』の中にオクシモロンが隠れているのです。

オクシモロンとは?

日本語で「撞着語法」いう修辞技法のひとつ。「賢明な愚者」「明るい闇」など、通常は互いに矛盾していると考えられる複数の表現を含む表現のことを指す。形容詞や連体修飾語、句、節などが、修飾される名詞と矛盾することとしては、形容矛盾とも言う。  wikipedia より

つまり『Bitter Sweet Symphony』の曲名の中に、Bitter(苦い)とSweet(甘い)という相反する言葉が入っているのです。「オクシモロン」とはとても面白い響きですが、ギリシア語のoxys(鋭い)とmōros(愚かな)を合成してできた言葉であり、その成り立ちも相反した言葉をつなげたものです。

「普通にすごい」、「小さな巨人」、「残酷なやさしさ」、「欠点のないのが欠点」、「ゆっくり急げ」、「負けるが勝ち」、「ありがた迷惑」、「公然の秘密」、「生きた化石」などなど、普段の会話で特に意識せず口にしている表現にもこのオクシモロンが使われています。

相反する言葉を結びつけるということは、今までそのように使われたことがない、新しい言葉の使い方をするということです。従来とは違う新しい考え方や理論を表明することにもなります。つまり言葉の使い方に違和感が出るため相手に与える印象も変わるので、コピーなどに効果的に使えば、より相手に伝えることができます。

つまりオクシモロンを用いれば、言及している内容への興味を引くことができます。「それってどういうことだろう?」という違和感が、ユーザーに考えさせる効果を出すわけです。しかし使い方を間違うと、 対象への皮肉としての効果をもつ場合があるので注意が必要です。

オクシモロンをうまく使った秀逸なコピーといえば、缶コーヒー「BOSS」シリーズの【このろくでもない素晴らしき世界】が思い浮かびます。トミー・リー・ジョーンズがずっと出演しているこのCM。日本人の憎めない奥ゆかしさを伝えつつ、本当はそれじゃダメなんじゃないかとも思わせる内容にピッタリのコピーだと思います。今年のACC受賞作品の中にもありました。小栗旬が出ている三井住友カードのCMのコピー「Have a good Cashless」もオクシモロンです。

曲名にも『Bitter Sweet Symphony』以外だとサイモン&ガーファンクルの『The Sound of Silence』が有名ですね。静寂の音。漫画王国の住人である日本人であれば、手塚治虫先生が発明した静寂の音「シーーーン…」を思い浮かべるかもしれませんが…。

音楽だけじゃなく、映画のタイトル『Back to the Future』。これも始めて聞いたときは驚きと共に、「なんてかっこいいタイトルだ!」と思った記憶があります。

それからオクシモロンについて色々調べているときに、とあるサイトでテレビ番組名『全力!脱力タイムズ』もオクシモロンだと書いている人がいて「なるほど!」と思ってしまいました。全力なのに脱力。この番組は、見る側も色々と察しなければならない裏表がある構造になっているので、オクシモロンとも相性がいいです。

色々と書いてみましたが、これから仕事でコピーなどを考えるときに、「オクシモロン」についても頭の片隅に置いておきたいと思います。

PS.今回描いたイラストは「living dead(生ける屍)」。これまたオクシモロン。ゾンビが描きたかったのです。

 

ページの先頭に戻る

誠晃舎ができるデザイン
新潟のデザイン会社 誠晃舎では、グラフィックデザイン・印刷(カタログ、パッケージ、その他販促物)、
プロダクトデザイン、WEBサイト制作、展示会ブースのデザイン・施工、 DVD・動画制作、商業写真撮影、
企画立案、マンガ広告制作、キャラクター作成を総合的に行っています。

パッケージ 展示会 WEB プロダクト
チラシ 撮影 販促 企画

誠晃舎スタッフ紹介

小谷口 恭平

スタッフブログ

誠晃舎の社員たちが
週一で更新するブログです

「限界芸術の本懐」西片結花×シマダマサノリ×土屋政志×近藤武…

2020/02/20

NSG美術館(新潟市中央区西船見町)さまにて 2020年2月...続きを読む

記憶の温存

2019/10/07

思いついたビジュアルや気になるものを発見すると、 簡単に描きと...続きを読む

寺(テラ)へ…

2019/06/06

2015年に新潟県新発田市の寺町通りにある14の お寺さんをま...続きを読む

挑戦

2019/04/18

「平成元年3月22日入社」が全てを物語っておりますが、 平成は...続きを読む

プラネタリウムで見る絶景

2019/03/25

こんにちは、web課の金子です。 先日、前々から楽しみ...続きを読む

記憶を風化させない

2019/03/11

こんにちは。CS課の保科です。 本日は3.11。 忘れもしない...続きを読む

ブログ一覧 >>

プロダクトデザイン三条Lab

当社のプロダクトデザインは量販店やネット通販など様々な場所で目にすることができます。ヒット製品を見る→

漫画で読ませる 漫画で伝える

当社は様々なキャラクターを描くことができる20名の漫画家・イラストレーターと提携しています。20名のイラストを見る→

注目させる動画 制作します!

画像や文章だけでは表現しきれない「向こう側」を動画は鮮明に伝えます。売れる動画撮ります!動画の実績を見る→

お客様の声

お客様から、当社の仕事についてインタビューをさせていただきました。誠晃舎を利用するコツが分かるかも。インタビューを見る→

お悩み、ニーズを解決します

創業36年の誠晃舎が長年培ったノウハウと豊富な知識・経験で、その「困った」をスッキリ解決いたします。解決事例を見る→