Column

『vol.17「様々なアイディア発想法」』

デスクに向かって考えても、会議を延長しても、
なかなか出てこないアイディア…。
皆さんもアイディアが浮かばず、苦しんだ経験が
あるのではないでしょうか。

そんな時に役立つのが『アイディア発想法』。
一人で出来るものからグループで行うものまで様々ありますが、
中でもメジャーなのは『ブレインストーミング法』でしょうか。

ブレインストーミングはグループで行う発想法で、
ある一つのテーマに対してとにかく沢山、自由奔放に
アイディアを出し、また人の出したアイディアから更に
インスピレーションを得てアイディアを出していくものです。

ここで重要なのが、どんなに現実的でないアイディアに対しても
決して批判・否定せず、むしろ誰も思いつかない、
発言しないような意見を歓迎すること。

ついつい「それはコストが掛かり過ぎる」なんて、会議で言ってしまいがちですが、
この発想法においては「コストが掛かりそうだが、解決法は無いか?」と
次の発想に繋げる発言にすることがベストです。

他にもブレインストーミングを考案したA・F・オズボーンによる
『オズボーンのチェックリスト』や、
『KJ法』
『NM法』
『シックス・ハット法』など、
それぞれ特徴のある発想法があります。

私は普段ブレインストーミングやNM法を使うことが多いのですが、
改めて知った他の発想法を使うことで、
いつもと違ったアイディアが生まれるかもしれない…と思いました。

皆さんも是非、アイディア出しの際には発想法を意識的に
取り入れてみてはいかがでしょうか。
お気に入りの発想法を見つけるのも楽しそうです。

本当に使える最強のアイディア発想
 http://matome.naver.jp/odai/2132704720441561201

read more