ケッコー企画ブログ

戦国ブランディング

2017/12/14

shingenike

 

ブランディングの仕事をする上で、

とても大事な「CI」のお話。

 

「CI」とは…

企業文化を構築し特性や独自性を統一された

イメージやデザイン、またわかりやすいメッセージで

発信し社会と共有することで存在価値を高めていく

企業戦略のひとつ (Wikipediaより参照)

 

なのですが、これをうまく説明するのに、戦国武将を

使ったら少し分かりやすいのではないかとふと思いました。

 

ここは新潟なので越後縁の上杉謙信を具体例に

しようと思ったのですが、ライバルの武田信玄の

方がよりわかりやすかったので、「武田家のCI」と

銘打って、下記の表を作ってみました。

 

takedadayo

 「CI」は「VI、MI、BI」という3つのIdentityから成ります。

企業ロゴやパッケージデザインなんかは「VI」。

企業理念は「MI」、行動指針は「BI」。

 

視覚、理念、行動についてぶれずに統一を図ることが

大切であり、それは対外的だけでなく、社内でも

徹底するべきことになります。

 

「VI」は戦国時代で言えば、家紋やのぼり、鎧。

戦では同士討ちが起こらないよう、自分たちの身分を

お互い判断できるように、各軍ヴィジュアルでの

統一が行われていました。

武田の赤備えはその強さから、周辺敵国を震え上がら

せたヴィジュアルとしてやはり有名ですよね。

 

「MI」についても武田家は「風林火山」の御旗を

掲げていたことからとても分かりやすい。

孫子の兵法から抜粋されたこの言葉は、武田軍の

戦での考え方を端的に示していますね。

旗に記したことから「VI」でもあるし、軍略として

兵の動きの指針にもなっているので「BI」でも

あるのかもしれません。

 

「BI」は戦国時代で言うと、「次はどこを攻めるか」

ってことになるのかな。武田家の本拠地甲斐には

海がなく、塩がとれないことから、上杉謙信との

「敵に塩を送る」という逸話も生まれました。

信玄は日本海に向けて北へ出ることを画策し、

信濃で上杉軍と戦ったし、桶狭間後今川が衰退

すると駿河へ攻め入ったりしてますね。

 

現在、戦国時代のような隣国との戦争は無くなりましたが、

企業ごとの競争はカタチを変えた戦として残って

いるのかもしれませぬな。

 

 

戦国時代といえば、大河ドラマ「おんな城主直虎」も

今週最終回ですねー。

 

徳川家の人たちをもっと見ていたいのでとても残念。

来年が幕末の「西郷どん」で、再来年が東京五輪の

「いだてん」なので、早くても次の戦国大河ドラマは

その後だなぁ。

 

「真田丸」から続く2年連続の戦国大河ドラマ堪能いたしました!

 

 

ページの先頭に戻る

誠晃舎ができるデザイン
新潟のデザイン会社 誠晃舎では、グラフィックデザイン・印刷(カタログ、パッケージ、その他販促物)、
プロダクトデザイン、WEBサイト制作、展示会ブースのデザイン・施工、 DVD・動画制作、商業写真撮影、
企画立案、マンガ広告制作、キャラクター作成を総合的に行っています。

パッケージ 展示会 WEB プロダクト
チラシ 撮影 販促 企画

誠晃舎スタッフ紹介

嶋田 雅紀

スタッフブログ

誠晃舎の社員たちが
週一で更新するブログです

平昌オリンピック・エンブレム

2018/03/19

アンニョンハセヨ~スタジオ誠晃舎の山田です。あっという間に平昌...続きを読む

おうちで肉フェス

2018/03/12

確定申告を無事終わらせました業務課の田中です。確定申告ってなん...続きを読む

今いちばん考えていること

2018/03/05

みなさん、こんにちは!CS課坪谷です。今いちばん考えていること...続きを読む

自分のパンフレットを「改版」してみた

2018/02/05

印刷用語で「再版」とは「初版」のデータを使い 再び印刷す...続きを読む

禁煙女子漫画

2018/01/29

このたび、「にいがた禁煙女子」サイト様におきまして、 ...続きを読む

雪かきと心情

2018/01/22

営業の石塚です。 毎日が寒くて朝が辛いです。 早く春に...続きを読む

ブログ一覧 >>

誠晃舎運営オンラインショッピングサイト ユメカタ

三条Lab

当社のプロダクトデザインは量販店やネット通販など様々な場所で目にすることができます。ヒット製品を見る→

漫画で読ませる 漫画で伝える

当社は様々なキャラクターを描くことができる20名の漫画家・イラストレーターと提携しています。20名のイラストを見る→

注目させる動画 制作します!

画像や文章だけでは表現しきれない「向こう側」を動画は鮮明に伝えます。売れる動画撮ります!動画の実績を見る→

お客様の声

お客様から、当社の仕事についてインタビューをさせていただきました。誠晃舎を利用するコツが分かるかも。インタビューを見る→

お悩み、ニーズを解決します

創業36年の誠晃舎が長年培ったノウハウと豊富な知識・経験で、その「困った」をスッキリ解決いたします。解決事例を見る→

撮影スタジオ マイスタ 売ってます

この撮影ブース「マイスタ」が一台あれば、キレイな写真を簡単に撮ることができます。お値段は税込1,944円詳しくはこちら→

ダンボール製ゴミ箱

オフィス、自宅、野外で使えるダンボール製ゴミ箱。汚れたら資源ごみとして捨てれるからとってもエコです!詳しくはこちら→

デザイナー個人ブログ

  • 小谷口恭平のインダストリアルデザインブログ

誠晃舎スタッフ ポートフォリオ

誠晃舎のスタッフがプライベートで制作した作品集です。
在籍している部署にとらわれず、自由に創造された作品たちをご覧ください。